電子定款認証

定款とは
会社を設立するには、最初に『定款』を作成しなければなりません。 定款とは、会社の目的や商号、本店所在地、組織や運営などについての基本的な事項を定めたもので、『会社の憲法』といわれています。 会社が定めた定款のもとに会社を運営していくことを「定款自治
定款 記載事項
定款への記載事項は、「絶対的記載事項」、「相対的記載事項」、「任意的記載事項」の3つに分かれます。 (1)絶対的記載事項 定款への記載が絶対に必要であり、記載しないと定款が無効になってしまう事項です。 ①商号 ②目的 ③本店の所在地 ④設立時の
定款 商号
新しく会社を設立するにあたり、定款を作成する際、 まず、商号、つまり、会社名をどうするかお悩みになることだと思います。 商売が繁盛する会社名、カッコいい会社名 などなど 一番最適な会社名をつけてくださいね。 商号(会社名)の決め方にもルールがあ
電子定款 行政書士
定款を作成した後は公証役場で公証人の認証を受けなければなりません。 従来は、定款を紙で作成して、公証役場で認証を受けていました。 (今でも紙ベースで定款を作成してもかまいませんが・・・) その場合、定款の原本に4万円の収入印紙を貼らなければなりま
電子定款認証 手順
ワープロソフトで定款を作成し、その作成した定款をPDFファイルにして、電子証明書で電子(デジタル)署名をします。 その電子署名をしたPDFファイルを、インターネット経由で法務省オンライン申請システムを利用して添付書類とし、定款認証を嘱託の請求を行います。