離婚時の年金分割制度

平成19年4月以降に離婚した場合、婚姻期間中の厚生年金を最大2分の1まで分割することができます。正確には、婚姻期間中の保険料納付記録を分割するといいますが、ここでは分かりやすく厚生年金を分割するとしておきますね。

つまり、夫が会社員で妻の収入が少ない場合、婚姻期間中の夫の厚生年金を分割して、妻が受け取ることができるというものです。夫が死亡しても妻が再婚しても、分割された年金は受け取ることができます。


分割できるのは、平成19年4月1日以降に離婚した場合ですが、それ以前の婚姻期間中の厚生年金も分割することができます。

分割の按分割合の上限は50%とし、下限は分割を受ける側の分割前の持ち分にあたる割合とします。したがって、妻も働いていて厚生年金の保険料を納めていた場合は、単純に夫の厚生年金を2分の1に分割できるわけではありません。



長文お読みいただき、ありがとうございます。
参考になりましたら、”ポチッ”とお願いします。
  ↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ


[年金分割] ブログ村キーワード

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。