離婚 戸籍 手続き

両親が離婚して夫が筆頭者の場合、離婚によって戸籍が動くのは妻だけです。

つまり、夫と子供の戸籍は同じ籍のままで、母親が子供の親権者になったとしても母と子は別々の戸籍になってしまいます。しかも母親が旧姓に戻った場合は、母と子でも姓は別々になってしまいます。

なんともおかしな制度とは思いますが、日本の法律はこうなっているんですね。


一緒に生活している母と子が別々の戸籍、ましてや姓も違うというのは何かととても不便を被ります。そこで、引き取った子供を母親と同じ戸籍に入れて姓も同じにしたい場合は、家庭裁判所に「子の氏の変更許可申立書」を提出し、その許可をもらってから役所に「入籍届」を出します。

ですので、離婚後子供を母親の戸籍に入れる予定の方は、離婚届の記載には「新しい戸籍をつくる」を選んだ方がいいと思われます。この「子の氏の変更許可申立書」と「入籍届」の届出人は、離婚届に記載した親権者となります。


このように、離婚をする場合、離婚後もいろいろな手続きが必要になる場合があります。



長文お読みいただき、ありがとうございます。
参考になりましたら、”ポチッ”とお願いします。
  ↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ


[戸籍] ブログ村キーワード


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。