離婚後の戸籍

離婚届には「婚姻前の氏のもどる者の本籍」を記入する欄があります。

離婚届を出すときには、結婚して氏を変更した側は(女性の方が多いとは思いますが)、もとの戸籍に戻るか、新しく自分で戸籍をつくるかを選択しなければなりません。

新しく戸籍をつくる場合は、結婚前の姓にもどるか、引き続き婚姻中の姓を名乗るか(旧姓に戻らない)を選ぶことができます。

つまり、3つの選択肢があるというわけです。


仕事上の都合や子供の名前などで婚姻中の姓を名乗りたい場合は、離婚の日から3ヶ月以内に「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出します。

ただし、一度この届けを出すと旧姓には簡単に戻すことはできませんので、どちらの姓がよいか慎重に検討してください。



長文お読みいただき、ありがとうございます。
参考になりましたら、”ポチッ”とお願いします。
  ↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ


[離婚後] ブログ村キーワード



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。