財産分与 割合

では、財産分与はどのような割合で分与すればよいかについて説明します。

財産分与の割合は、財産の取得や維持に対する夫婦の貢献の度合い(寄与度といいます)によって決まります。

夫婦が共働きで給料の差があまりないような場合は1/2で、専業主婦の場合は通常3~5割とされています。妻が家事をして家庭を守ってきたおかげで(「内助の功」ですね)、夫が外で仕事ができお金を稼ぐことができたということで、財産の名義に関係なく専業主婦への財産分与は認められます。

また、自営の場合でも一緒に財産を築いてきたと判断され、妻への貢献度は原則1/2と考えられています。


以下が財産分与における参考の割合です。

・専業主婦:30%~50%
・共働き夫婦:50%
・夫婦で家業に従事:50%


最近では、専業主婦の家事に対する評価が高くなり、特別の事情のない限り夫婦財産形成に関する貢献度は等しいとされております。

専業主婦(家事従事者)でも原則財産分与は1/2を基準とすることが定着しております。いわゆる、「2分の1ルール」が提唱されています。

家事労働に加えて農業など自営の家業に協力したり、夫婦で事業を経営したりした場合、家庭裁判所では5割、またはそれ以上の財産分与を認めるケースもあるようです。


したがって、まずは財産分与は1/2という基準からスタートして、婚姻上のお互いの貢献度に応じて割合を決定するというのが最良といえます。



長文お読みいただき、ありがとうございます。
参考になりましたら、”ポチッ”とお願いします。
  ↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ


[財産分与] ブログ村キーワード

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。