財産分与 借金

住宅ローンや借金などのマイナス財産が財産分与の対象になるというのは、預金や不動産などのプラス財産からそれらのマイナス財産を差し引いて財産分与を行うという意味です。

夫が仕事や遊びで作った借金について妻には支払い義務はありませんが、妻が連帯保証人になっている場合は支払い義務があります。

離婚しても妻が連帯保証人になっていない限り、借金を返す必要はありません。


ただし、「日常家事債務」といって、「夫婦の共同生活に通常必要とされる一切の事項」たとえば食料・衣料の購入費、家賃・光熱費、家具・電化製品の購入費などの借金は、夫婦の一方が借りた場合でも夫婦で連帯して責任を負わねければなりません。

これに該当する借金は離婚しても責任を負います。

「連帯して」というのは、半分だけ払えばいいというものではなく、債務の全体について責任を負うということです。


離婚をする際の財産分与においては、こうした借金などマイナスの財産も含めて計算する必要があります。



長文お読みいただき、ありがとうございます。
参考になりましたら、”ポチッ”とお願いします。
  ↓
にほんブログ村 資格ブログ 行政書士試験へ


[財産分与] ブログ村キーワード

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。